手荒れのストレスから開放されたいなら

手荒れ自分でできるケア

独身時代には、とくに手荒れに悩むことがなかったのに、主婦になり、毎日家事をするようになってからというもの、手のかゆみや手湿疹、ひび割れ、あかぎれなど、手荒れの症状がみられるようになり、どのように対策をすれば良いのか、戸惑っている女性も多いようですね。手湿疹や手のかゆみ、ひび割れなど手荒れを自分でケアするにはどうすれば良いのでしょうか。

 

手荒れは、とくに冬の寒い時期だけではなく、春でも梅雨でも夏でも季節を問わず、症状が出る人もいるようです。手荒れがひどくなると、マニキュアやネイルアートも思うように楽しめなくなってしまいますね。

 

そこで、自分でできる手荒れケアについて、ご紹介していきたいと思います。
主婦にとって、水仕事は毎日のことですから、手は毎日キレイに顔のお肌と同様にきちんとケアしておかなければいけませんね。毎日、家事に子育てに忙しいからと、お手入れを怠ってしまうと、手が荒れてしまいます。

 

手荒れをケアする方法のひとつとして、水仕事をするときに、ビニール製などの手袋をはめる方法もあります。しかし、手袋の素材によっては、手に触れることでかえってお肌にダメージを与えてしまう可能性があります。

 

手荒れを防ぐ方法として、ふだんからあまり熱いお湯をなるべく使わないようにすることです。とくに、冬の寒い時期は、洗顔をするときや食器を洗うときにお湯を使うと、手の皮脂がはがれ落ちてしまい、手のお肌の乾燥を招くとお肌にダメージを与えてしまい、手荒れの原因になりますので、寒い時期はぬるま湯を使う程度にとどめておきましょう。

 

とくに、手のひらは乾燥しやすく、その原因として顔の沖だのように毛穴がほとんどなく、皮脂腺がありません。その分、角質層による厚みが、バリア機能を果たしています。

 

手荒れの原因は、そのほとんどが手の乾燥ですから、手を乾燥させないようにハンドクリームなど、水仕事の後に保湿ケアをすることです。ハンドクリームには、油分や保湿成分が多く含まれたものや、尿素が配合されたタイプのものもあります。コラーゲンやセラミドなどの成分が配合されたハンドクリーム、コエンザイム10などの美容成分が配合されたものもあります。とくに、ハンドクリームがなくても、ふだん料理によく使っているオリーブオイルを手に塗る方法もあります。