手荒れのストレスから開放されたいなら

手荒れのストレスから開放されたいなら

手荒れの原因はいろいろあります。

 

たとえば、水仕事、洗剤、シャンプーやリンス、
洗濯物をたたむ等の摩擦などが
手荒れの原因となります。

 

そして、手荒れになりやすい人、
なりにくい人、
手荒れになってもすぐに治る人、
なかなか治らず「手湿疹」と呼ばれる状態になってしまう人などさまざまです。

 

手荒れが悪化する原因にも、いろいろな要因がありますが、
「ストレス」も大きな原因になるといわれています。

 

現代は、「ストレス社会」と呼ばれる世の中です。

 

肉体的、精神的にさまざまなストレスを受け、
そのストレスで心や身体の健康を維持する事が難しくなってしまう人もいますが、
手あれという皮膚疾患も、
ストレスによって悪化したり、治りにくくなったりします。

 

水仕事をすると、水が手に触れます。
それだけでも皮脂が取れてしまい、手荒れの原因になってしまうのですが、
洗剤に含まれる界面活性剤や、野菜、果物なども刺激になり、
手荒れの原因になります。

 

そのような状態のところで、ストレスがたまってくると、
症状が強く出てしまいます。

 

ストレスによって、血行も悪くなるので、
肌のターンオーバーも乱れ、肌のバリア機能も低下してしまいます。

 

手あれそのものも、酷くなってしまうと簡単に治りません。
そして、ストレスが蓄積されると、
さらにそのストレスが手荒れを悪化させ、
治癒を遅くしてしまいます。

 

ですからなるべく、ストレスのない生活を送る事が必要です。
とはいっても、ストレスのない生活というのはありえませんね。

 

自分なりのストレス解消法を開拓して、
その日のストレスはその日のうちに解消していく事をおススメします。

 

ゆっくりお風呂に入って、不安定になった自律神経を安定させるようにしたり、
血行を高め、質の良い睡眠が取れるように、
毎日の生活を工夫しましょう。

 

そして、毎日ハンドクリーム等を使って、
手荒れを予防する努力もしていきましょう。